【2020年度】横須賀・三浦地区の募集定員まとめ!

こんにちは。横須賀ゼミナールの森友(@yokosuka_semi)です。

神奈川県教育委員会が2019年10月29日、2020年度(令和2年度)の神奈川県公立高等学校生徒募集定員について発表しました。

参考:令和2年度神奈川県公立高等学校生徒募集定員について(神奈川県教育委員会)

そこで今回は、2019年度入試(平成31年)の募集定員・倍率と合わせてご紹介します。

横須賀・三浦地区の高校受験を考えている方はぜひ参考にしてください。

2020年度は、定員“増”は1校のみ、36校が定員“減”

前期・後期選抜を一本化した「共通選抜」になって8年目の2020年度です。

2020年(令和2年)3月の県内の中学校卒業予定者数は67,062人で、昨年度と比べると1,680人減るようです(2019年3月卒業者は68,742人)。

全日制高校の募集定員は、計149校(昨年151校)が、前年度比1,248人減(昨年216人減)の41,829人(昨年43,077人)を募集します。

県立135校が38,426人、市立14校が3,403人で、昨年度と比較すると県立で1,168人の減少、市立は80人の減少です。

学科ごとで見ると、普通科で969人減少し33,922人、専門学科は199人減少し5,601人、総合学科は80人減少し2,306人の募集です。

横須賀・三浦地区の募集定員の増減

横須賀・三浦地区の募集定員は以下のようになりました。

高校名募集定員(2019)募集定員(2020)増減最終倍率(2019)
横須賀27827801.23
追浜27827801.20
横須賀大津31831801.25
市立横須賀総合32032001.37
逗子278238-401.02
津久井浜23823801.08
逗葉31831801.23
三浦初声(普通)19819801.06
横須賀南(クリエイティブ)11811801.18
横須賀南(福祉)787801.03
横須賀工業23423401.02
海洋科学15715701.01

横須賀・三浦地区では 逗子高校が40人減の238人です。

2023年度(現小6生が受験)の高校改革のため、逗子高校は定員を削減し逗葉との統合準備を始めます。

※2021年度(現中2生が受験)からは逗子高校は募集を停止します。

また、今年の高校改革では新しい高校「横須賀南」が募集を開始します。

「横須賀南」は横須賀明光高校と、大楠高校が統合し「普通科クリエイティブスクール・福祉科」として新たなスタートを切ります。

まとめ 年々減少している15歳人口・・・

神奈川県では中学3年生の人数が年々減少傾向にあり、それに伴い全体の募集定員は減っています。

しかし、例年実質倍率は1.20倍~1.30倍です。

増減に一喜一憂するのではなく、しっかりと力をつけて志望校を目指していきましょう!

森友
横須賀ゼミナールでは、入塾案内・学習相談・無料体験を随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

神奈川県の学習塾で勤務し、集団授業形式の小学生~中学生の文系科目を主に担当。小学生~高校生の個別指導、教室長として教室運営を経験しました。一人ひとりに目が行き届き、一人ひとりと向き合える教育を実践しています。>>詳しいプロフィールはコチラ