新型コロナウイルスに関する対応について

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言発令を受け、神奈川県知事は4月10日(金)、東京都に合わせる形で特定事業者への休業要請を出しました。

緊急事態宣言にもとづく都の緊急事態措置としては、

①遊興施設 ②大学・学習塾 ③運動・遊技施設 ④劇場 ⑤集会・展示施設 ⑥商業施設、これらの施設を対象として、基本的に営業の休止を要請するようですが、

「100㎡以下の小規模教室、小規模店舗については適切な感染防止対策を施した上での営業ができる」とされました。

保護者の皆さま、お子さまから「集中して勉強する機会が貴重」「可能ならば開けてほしい」というご意見を頂き、休業要請にも該当しないことから、引き続き万全の感染防止対策を行いながら、指導を継続することとします。

今後も正確な情報の収集に努め、安全な通塾と継続的な学習を両立するための対応を行います。

引き続き “ 学び ” を継続できるよう、地域の学習塾として最大限の努力を続けていきます。

新型コロナウイルスに関する対応について

刻々と状況が変化している中、お子さまの健康と安全を最優先し、随時対応してまいります。

【当塾での対応】

  • 授業は各時間帯とも2名までの人数制限を行い、3つの「密」を避けます。
  • 授業の開始前・後に室内のアルコール消毒を行います。
  • 咳エチケット・手洗い・うがい等の基本行動を徹底し、換気にも注意を払います。
  • 小型オゾン発生装置・空気清浄機(2台)・換気設備(2台)を常時稼働、また、教室内の空気がこもらないよう注意を払います。
  • 机や椅子・ドアノブといった、子どもたちが触れる可能性のある場所のアルコール消毒を徹底します。

参考:3つの「密」を避けましょう!(内閣官房内閣広報室)

※地域状況もふまえ、感染の恐れが高くなったと判断した際には休校のご案内をする場合がございます。

森友
休校期間中の学習にご不安な方、お気軽にご相談ください。地域の学習塾として、最大限ご協力いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

神奈川県の学習塾で勤務し、集団授業形式の小学生~中学生の文系科目を主に担当。小学生~高校生の個別指導、教室長として教室運営を経験しました。一人ひとりに目が行き届き、一人ひとりと向き合える教育を実践しています。>>詳しいプロフィールはコチラ