横須賀中央エリアの学習塾を徹底比較!年間費用と指導時間を調査してみた!

こんにちは。横須賀ゼミナールの森友(@yokosuka_semi)です。

指導スタイルや受講科目、指導時間によって費用が違う個別指導塾、それゆえ授業料などがハッキリせず比較がしづらいものです。

ホームページを見ても費用が掲載されておらず、「詳しくはお問い合わせください」となっている塾も数多くあります。

そこで今回は、横須賀中央エリアにある7つの学習塾(当塾を含む)を調査し、指導スタイル・授業料と指導時間を比較しました。

名前や見た目の安さだけで選ぶのではなく、年間の授業料や指導時間を正確に把握し、お子さまに合った塾選びの参考にしてください。

1年間(10か月)でかかる費用を徹底比較!

各塾の年間授業回数と講習中の指導回数は不明でしたので、仮に中学1年生または2年生が1科目を受講し、10か月通塾したらどのくらいの費用になるのかを算出しました。

※各塾とも、中学1・2年生は同料金でした。

※一時的にかかる「入塾金」や「教材費」、各塾によって大きな変動がある「講習費」は加えていません。

掲載した各塾の授業料や指導時間について間違っていたらお教えください。各塾のホームページ・入塾案内やパンフレットに記載のある金額と指導時間を参考に比較しました。 
 塾名 1科目あたりの費用(税込)
横須賀ゼミナール(当塾)154,000円
CGパーソナル 横須賀中央教室183,000円
城南コベッツ 横須賀中央教室164,000円
東京個別指導学院 横須賀中央教室231,000円
明光義塾 横須賀中央教室118,000円
創英ゼミナール 汐入校(堀ノ内校)113,000円
国大Qゼミ 横須賀中央校168,000円

※比較しやすいように端数は切り捨ててあります。

指導スタイルは①~④の塾は先生1名に対して生徒2名、⑤と⑥の塾は先生1名に対して生徒3名、⑦の塾は先生1名に対して生徒1名です。

単純に金額だけを見れば、先生1名に対して生徒3名の指導スタイルで運営している⑤や⑥の塾が安いです。

しかし、学習塾の授業料は安ければいいというわけではありません。

各塾で指導方針が違うように、指導時間にも違いがあるのです。

1科目あたりの指導時間を徹底比較!

各塾の授業1回の時間には違いがあり、その幅は40分~120分までさまざまです。

そこで、費用と同じように、1か月の指導時間を10倍(10か月相当)し、1科目あたりの指導時間がどのくらいになるのかを算出しました。

 塾名1科目あたりの指導時間
横須賀ゼミナール(当塾)4800分(80時間)
CGパーソナル 横須賀中央教室3600分(60時間)
城南コベッツ 横須賀中央教室3200分(約53時間)
東京個別指導学院 横須賀中央教室3200分(約53時間)
明光義塾 横須賀中央教室3600分(60時間)
創英ゼミナール 汐入校(堀ノ内校)4800分(80時間)
国大Qゼミ 横須賀中央校2200分(約37時間)

1科目あたりの指導時間を比較すると、一番多い①・⑥塾の4800分(80時間)と次点の②・⑤塾との比較で1200分(20時間)、一番短い⑦塾との比較で2600分(約43時間)違います。

指導時間を統一して費用を比較してみた!

各塾の費用と指導時間の比較ができたので、「当塾の指導時間(80時間)」を基準としたときの「各塾の費用」を算出してみます。

 塾名 指導80時間あたりの費用(税込)
横須賀ゼミナール(当塾)154,000円
CGパーソナル 横須賀中央教室244,000円
城南コベッツ 横須賀中央教室246.000円
東京個別指導学院 横須賀中央教室346,000円
明光義塾 横須賀中央教室158,000円
創英ゼミナール 汐入校(堀ノ内校)113,000円
国大Qゼミ 横須賀中央校367,000円

※比較しやすいように端数は切り捨ててあります。

指導スタイルが先生1名に対して2名の塾の中で比較すると、費用が一番高い④塾と一番安い①塾との差は192,000円です。先生1名に対して3名の⑤と⑥塾でも53,000円の差があります。

まとめ 授業料以外の費用、指導スタイルや授業時間も比較しましょう!

各塾とも、上記以外の費用で「入塾金」や「教材費」「諸経費」、各講習で「講習費」が必要になります。

上記で比較した金額は約1年間にかかる最低限の費用だとお考えください。

もちろん、安いから良い!指導時間が長いから良い!というわけではありません。

この比較を参考に、見た目の安さだけで選ばず、指導スタイル・指導内容・年間の授業料や指導時間までを視野に入れた、後悔しない塾選びをしてくださいね。

余談 横須賀ゼミナール(当塾)の年間費用はいくら?

中立の立場から比較したつもりでしたが、いかがでしたでしょうか。

公式の資料にもとづいて作成しましたが、内部の実状は定かではありません(知人の某塾講師によると一人で4名以上を見ることもあるとか…)。

当たり前ですが、大手塾さんでは、授業料の中に運営にかかる費用や教室長とアルバイト講師の賃金、広告宣伝費などさまざまな費用が含まれています。

私たち個人塾は上記のような費用を極力省き、広告宣伝は最小限、指導は最大限の運営をしています。

もちろん、指導内容に見合った費用は頂きますが、余計な費用は一切含まれておりません。

指導以外のサービス(入退室管理や授業報告)も大手塾さんと同等のものをご提供できる環境があります。

 

余談が長くなりました。

では、当塾の年間費用(1科目)です。

授業料総合指導費講習費合計
3月(春期講習)0円0円7,700円7,700円
4月15,400円2,200円0円17,600円
5月15,400円2,200円0円17,600円
6月15,400円2,200円0円17,600円
7月15,400円2,200円0円17,600円
8月(夏期講習)15,400円2,200円3,850円21,450円
9月15,400円2,200円0円17,600円
10月15,400円2,200円0円17,600円
11月15,400円2,200円0円17,600円
12月(冬期講習)15,400円2,200円3,850円21,450円
1月15,400円2,200円0円17,600円
2月15,400円2,200円0円17,600円
3月7,700円2,200円0円9,900円
年間総費用177,100円26,400円15,400円218,900円

※中学1年生と2年生の年間総費用です。中学3年生の年間総費用は258,900円です。

年間授業回数を1科目あたり50回(100時間)に設定しており、通常月で不足する分を各講習時期に”講習費”として頂いております。

年度により通常授業の回数は前後しますが、年間授業回数は変わりません。

授業回数は各講習で増やすことはできますが、50回(100時間)という設定を減らすことはできません。

これ以外の必要な費用は、以下の3つです。

  1. 入塾金(10,000円)※入塾時に必要です。
  2. 通年用教材(2,860円/1科目)※1科目2冊です。1年間使用します。
  3. 補助教材費(7,920円/5科目)※定期試験対策に使用します。

わかりやすく設定してありますが、ご不明な点がありましたらお電話、ホームページ経由かメール・ツイッターからお問い合わせください。

森友
横須賀ゼミナールでは、入塾案内・学習相談・無料体験を随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

横須賀市の地域紹介

神奈川県の南東部にある三浦半島の横須賀市は、東側は東京湾、西側は相模湾に接しています。

横須賀市には、JR横須賀線、京急線が通っており、都心部へのアクセスも良いことからベッドタウンとしても人気を集めています。

横須賀は、幕末にペリーが来航した歴史ある地であり、江戸時代から軍港都市として栄えており、「米軍基地のある街」としても親しまれています。

東京湾に浮かんでいる唯一の無人島である「猿島」は、観光スポットとして人気があり、海水浴やバーベキューを楽しむ人でにぎわっています。

坂が多いものの温暖な気候が特徴で、夏祭りや花火大会などの各種イベントも多く、自然を感じながら文化にも触れられる注目のエリアです。

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県の学習塾で勤務し、集団授業形式の小学生~中学生の文系科目を主に担当。小学生~高校生の個別指導、教室長として教室運営を経験しました。画一的な指導ではなく、一人ひとりの子どもにあった学習指導を実現するため、平成24年、横須賀市に「横須賀ゼミナール」を開塾しました。一人ひとりに目が行き届き、一人ひとりと向き合える教育を実践しています。