【2019年度】横須賀・三浦地区の募集定員まとめ!

こんにちは。横須賀ゼミナールの森友(@yokosuka_semi)です。

神奈川県教育委員会が2018年10月26日、2019年度(平成31年度)の神奈川県公立高等学校生徒募集定員について発表しました。

参考:平成31年度神奈川県公立高等学校生徒募集定員について

そこで今回は、2018年度入試の募集定員・倍率と合わせてご紹介します。

横須賀・三浦地区の高校受験を考えている方はぜひ参考にしてください。

2019年度は、8校で定員“増”、15校が定員“減”

前期・後期選抜を一本化した「共通選抜」になって7年目の2019年度です。

2019年(平成31年)3月の県内の中学校卒業予定者数は68,727人で、昨年度と比べると413人減るようです(2018年3月卒業者は69,140人)。

全日制高校の募集定員は、計151校が、前年度比216人減の4万3,077人を募集します。

県立137校が39,594人、市立14校が3,483人で、昨年度と比較すると県立で216人の減少、市立は増減なしです。

学科ごとで見ると、普通科で320人減少し34,891人、専門学科は64人増加し5,800人、総合学科は40人増加し2,386人の募集です。

横須賀・三浦地区の募集定員の増減

横須賀・三浦地区の募集定員は以下のようになりました。

高校名募集定員(2019)募集定員(2018)増減倍率(2018)
横須賀278318-401.16
追浜27827801.15
横須賀大津318278+401.15
市立横須賀総合32032001.23
逗子27827801.05
津久井浜23823801.17
逗葉31831801.33
三浦初声(普通)198238-400.93
大楠11811800.82
横須賀明光(福祉)787801.12
横須賀工業23423401.09
海洋科学15715700.93

横須賀・三浦地区では 横須賀高校が40人減の278人、横須賀大津が40人増の318人、三浦初声(普通科)が40人減の198人です。

横須賀高校は前年に1クラス増員とした分を戻し、逆に前年1クラス削減の横須賀大津は、増員して戻すようですね。

上位校の定員としては横須賀高校の40人減が注目されています。

【2019年度】神奈川県の高校入試が変わる!あの横須賀高校が…?

2018.08.01

まとめ 年々減少している15歳人口・・・

神奈川県では中学3年生の人数が年々減少傾向にあり、それに伴い全体の募集定員は減っています。

しかし、例年実質倍率は1.20倍程度です。

増減に一喜一憂するのではなく、しっかりと力をつけて志望校を目指していきましょう!

森友
横須賀ゼミナールでは、入塾案内・学習相談・無料体験を随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

横須賀市の地域紹介

神奈川県の南東部にある三浦半島の横須賀市は、東側は東京湾、西側は相模湾に接しています。

横須賀市には、JR横須賀線、京急線が通っており、都心部へのアクセスも良いことからベッドタウンとしても人気を集めています。

横須賀は、幕末にペリーが来航した歴史ある地であり、江戸時代から軍港都市として栄えており、「米軍基地のある街」としても親しまれています。

東京湾に浮かんでいる唯一の無人島である「猿島」は、観光スポットとして人気があり、海水浴やバーベキューを楽しむ人でにぎわっています。

坂が多いものの温暖な気候が特徴で、夏祭りや花火大会などの各種イベントも多く、自然を感じながら文化にも触れられる注目のエリアです。

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県の学習塾で勤務し、集団授業形式の小学生~中学生の文系科目を主に担当。小学生~高校生の個別指導、教室長として教室運営を経験しました。画一的な指導ではなく、一人ひとりの子どもにあった学習指導を実現するため、平成24年、横須賀市に「横須賀ゼミナール」を開塾しました。一人ひとりに目が行き届き、一人ひとりと向き合える教育を実践しています。