【2018年度】横須賀地区の高校に合格した人の内申点と入試得点まとめ!

こんにちは。横須賀ゼミナールの森友(@yokosuka_semi)です。

入試が終わったあと、模試受験者に対して「追跡調査」というものが行われ、各高校の合否や合格者の内申点、学力検査の得点などが集計されます。

そこで今回は、そのデータをもとに2018年度入試の各高校の合格者平均(内申・入試得点・偏差値・倍率)をご紹介します。

横須賀地区の高校受験を考えている方はぜひ参考にしてください。

当塾では、神奈川県内20,000人の中学3年生が参加する県内最大級の合格判定模試、「神奈川全県模試(全県模試)」を採用しています。県内多数の中3生が受験していますので、全県模試の「追跡調査」の数値は豊富なデータにもとづき、とても信ぴょう性が高いです。

2018年度 横須賀地区の高校別合格者平均

合格者平均は、「神奈川全県模試」を開発・運営している伸学工房の調査から算出された数値で、実際の合格者平均とは多少の誤差があります。
合格者平均内申点学力検査偏差値倍率
横須賀124375641.16
追浜114335591.15
横須賀大津109303561.15
市立横須賀総合103294531.23
逗子100248481.05
津久井浜93253481.17
逗葉85219431.33
三浦初声(普通)73163380.93
大楠52×330.82
横須賀明光(福祉)85202391.12
横須賀工業76192401.09
海洋科学71170370.93

※クリエイティブスクール(大楠)は学力検査はありません。

※横須賀明光(国際)は大楠との統合準備のため、募集停止。福祉科は2019年度まで募集。

内申点

内申点とは、簡単にいうと「通知表」の点数です。

募集要項には「調査書の評定」とか「学習の記録」と記載されています。

内申点 = 評定 = 通知表(5点満点×9教科=45点満点)で、

2年の内申(45点満点)と、3年の内申を2倍(45点満点×2=90点満点)した合計が内申点となり、135点満点です。

※各教科の内申点を、3教科以内で重点化(2倍まで)する場合がありますが、上記の表に重点化は考慮していません。

【横須賀の高校受験】「内申点」はこうして決まる!

2018.07.18

【横須賀の高校受験】「内申点」とは?どのように扱われる?

2018.04.18

学力検査

学力検査は当日のテストのことで、5科目で500点満点です。

2018年度の学力検査の平均点は

英語が56.1点、国語が65.6点、数学が56.0点、理科が45.3点、社会が41.8点、5教科で264.8点でした。

※各教科の得点を、2教科以内で重点化(2倍まで)する場合がありますが、上記の表に重点化は考慮していません。

参考:神奈川県教育委員会(神奈川県公立高等学校入学者選抜学力検査の結果)

【横須賀の高校受験】過去問や入試問題から見る今後の問題の傾向は?

2018.04.25

偏差値

偏差値は、ある集団の中で位置を知るときに使う数値で、平均点が偏差値「50」になり、それを基準にして上もしくは下という見方をします。

偏差値だけが学力の指標のようにとらえられてしまいがちですが、偏差値の高い学校がよい学校というわけではありません。

自分に合った学校を選ぶことが第一なので、絶対視しないようにしましょう。

偏差値を上げる学習方法【勉強は早く始めるのが良い?】

2018.06.20

2018年度 偏差値別平均点

次は、偏差値別に各科目の平均点をご紹介します。

各科目で必要な点数を知り、目標をより明確にしましょう。

偏差値英語数学国語理科社会5科
7091.178.290.975.373.6407.6
6582.973.084.967.563.3370.3
6074.667.878.859.954.1333.7
5566.162.572.652.445.9297.7
5057.457.166.345.138.8262.4
4548.551.660.038.032.7227.7
4039.446.053.631.027.7193.7

偏差値別の平均点を比較すると、もっとも差が付いた科目は英語です。

偏差値が5下がるにつれ、約9点ずつ点数が開き、偏差値上位と下位で比較したときの差は約50点で、点数の差は5科目の中で一番です。

高校受験に向けた英語の学習ポイント【合格するための学習方法】

2018.06.27

逆に、差が付かなかった科目は数学です。

偏差値が5下がるにつれ、約5点ずつ点数が開き、偏差値上位と下位で比較したときの差は約30点です。

まとめ 合格に必要なラインを正しく把握して目標設定を!

横須賀地区の高校別合格者の平均点と、偏差値別の得点を参考に、自分の力を考慮した現実的な得点を目標にしましょう。

得意・不得意科目、学習個性や性格に応じて学習内容を取捨選択することや、どの方法が自分にとって効率がよいのかを分析することも大切なポイントです。

これらの情報を役立てるためにも、日々の学習と定期試験での得点アップを目指しましょう。

森友
横須賀ゼミナールでは、入塾案内・学習相談・無料体験を随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

横須賀市の地域紹介

神奈川県の南東部にある三浦半島の横須賀市は、東側は東京湾、西側は相模湾に接しています。

横須賀市には、JR横須賀線、京急線が通っており、都心部へのアクセスも良いことからベッドタウンとしても人気を集めています。

横須賀は、幕末にペリーが来航した歴史ある地であり、江戸時代から軍港都市として栄えており、「米軍基地のある街」としても親しまれています。

東京湾に浮かんでいる唯一の無人島である「猿島」は、観光スポットとして人気があり、海水浴やバーベキューを楽しむ人でにぎわっています。

坂が多いものの温暖な気候が特徴で、夏祭りや花火大会などの各種イベントも多く、自然を感じながら文化にも触れられる注目のエリアです。

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県の学習塾で勤務し、集団授業形式の小学生~中学生の文系科目を主に担当。小学生~高校生の個別指導、教室長として教室運営を経験しました。画一的な指導ではなく、一人ひとりの子どもにあった学習指導を実現するため、平成24年、横須賀市に「横須賀ゼミナール」を開塾しました。一人ひとりに目が行き届き、一人ひとりと向き合える教育を実践しています。