【横須賀の高校受験】受験までの勉強の仕方

こんにちは。横須賀ゼミナールの森友(@yokosuka_semi)です。

中学生になると自然と意識するのが「高校受験」ですよね。

とはいえ、受験に向かってどんな勉強をすればいいかわからない中学生と保護者のみなさんも多いと思います。

高校受験に向けて学年別に勉強のポイントをご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

高校受験に向けて…中1の勉強のポイント

高校受験に向けた中1の時の勉強法は以下の通りです。

毎日の生活を大切にする

普段の学習を頑張り、定期テストの成績をあげるようにしましょう。

また、「忘れ物をしない」「提出物の期日を守る」「遅刻をしない」といった生活態度は、内申にかかわる大切なポイントです。

勉強と合わせて、生活態度の見直しを中1でしておくように心がけてくださいね。

模試を受ける

勉強では「わからない所」を知ることが重要なポイントです。

学習の進度や理解度を確かめるためにも、学校の試験だけではなく模試を受けてみましょう。

学習時間の目安は学年+1時間

勉強する習慣は、一朝一夕では身に付きません

宿題に30分、予習復習に各教科20分充てたとすると、2時間を超えてしまいますよね。

毎日予習・復習をすることで、学習した内容を定着させることができます。

小学校時代に勉強する習慣が身についていないお子さんは、早い段階から塾に通って、学習時間を確保するのもひとつの手段です。

わからないことが積み重なってしまうと、どこから手を付けていいか迷ってしまい、結果として勉強から離れてしまうケースは珍しくありません。

中1といえど、自分でなんでも管理することができるお子さんはまだ少数です。保護者の方が適切なフォローをできない場合には、通塾を視野に入れるのもオススメです。 

高校受験に向けて…中2の勉強のポイント

中2になると、苦手意識がある分野や、不得意科目が明確になるお子さんが増えてきます。

復習をする

上位校を目指しているお子さんであっても、「予習」だけではなく「復習」は非常に大切なポイントです。

理解できていない所や苦手意識を持っているところは、時間をかけて丁寧に取り組むことで解消することができます。

中2の時点で「弱点」を作らないように、復習を中心に勉強を進めましょう。

学習計画をたてる

中3に向けて、学習計画を立てておきましょう。

学習計画の立て方

学習計画は日毎のみではなく、問題集や教科書を参考にして月単位・年単位でカリキュラムを組み、抜け漏れがないようにしましょう。

予想できる勉強時間に対して、8割程度の負荷にし、土日のどちらか1日を予備日とすると大幅な遅れなどの計画変更がなくなります。

お子さんの進度をみながら柔軟に対応し、学校の試験や模試の前には、出題範囲を学習する時間を設けます。

そして試験結果が出た後には、必ず解説や見直し、解けなかった問題の単元を振り返る時間を取りましょう

綿密な学習計画を立てるのが難しい場合は、塾で相談するのもオススメです。

志望校を選ぶ

学習計画を立てる上で重要になるのが志望校選びです。

模試の成績で絞るのもひとつの基準ではありますが、中2のうちから色々な学校の説明会や行事を見ておくと、中3になって勉強時間を削って沢山の学校を訪問する必要がなくなります。

高校受験に向けて…中3の勉強のポイント

中3の勉強のポイントは以下の通りです。

注意したいのが、高校受験の推薦や併願優遇で使用される内申は、「1学期もしくは2学期(前期)までのもの」という点です。

志望校によって異なるケースがありますので、確認をしておくと学習計画を立てやすくなります。

~夏休み

夏休みまでに、中学校の範囲の勉強が終わっているのがベストです。

進度がはやいお子さんは、志望度の高い学校の過去問に触れ始めましょう。

受験勉強のスタートがどんなに遅いお子さんであっても、夏休みには受験を意識した勉強をはじめるように心がけてください。

夏から秋にかけて集中する学校説明会などで、学習時間が十分に取れなくなります。

~年末

夏場から受験を意識して勉強をしだすお子さんが多く、夏以降の模試は参加人数が多くなり、成績が落ちてしまうお子さんも珍しくありません。

保護者の方は適切なフォローをし、モチベーションを維持することが必要不可欠です。

出来なかったところ」「わからなかったところ」を解決できるようフォローをしましょう。

集団塾に通っていても、苦手な教科は個別指導塾でフォローを受けるお子さんもいらっしゃいます。

年始~受験日

過去問に取り組み、苦手な単元の克服を行います。

国語は筆記対策、漢字などの確実に取れる問題を落とさないように基礎の見直しもしましょう。

数学は基礎の抜け漏れがないか確認を行い、応用問題を確実に取れるように実践問題を多くこなします。

英語は苦手な単元だけではなく、長文やリスニングの対策を行いましょう。

理科は知識の抜け漏れがないか確認を行い、理解が浅い単元を中心に復習しましょう。

社会は中学校の総復習を行うだけではなく、時事ネタの確認も忘れずに。

【横須賀の高校受験】過去問や入試問題から見る今後の問題の傾向は?

2018.04.25

まとめ 学習塾の学習やノウハウも利用してみましょう

中学校3年間の学習の進め方をご紹介しましたがいかがでしたか。

お子さんのヤル気がなかったり、保護者の方がフォローしたりするのが難しい場合には、早い段階から学習塾に通うのもオススメです。

森友
横須賀ゼミナールでは、入塾案内・学習相談・無料体験を随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県の学習塾で勤務し、集団授業形式の小学生~中学生の文系科目を主に担当し、小学生から高校生の個別指導、教室運営を経験しました。画一的な指導ではなく、一人ひとりの子どもにあった学習指導を実現するため、平成24年、横須賀市に「横須賀ゼミナール」を開塾しました。一人ひとりに目が行き届き、一人ひとりと向き合える教育を実践しています。