【2019年度】神奈川県の高校入試が変わる!あの横須賀高校が…?

こんにちは。横須賀ゼミナールの森友(@yokosuka_semi)です。

前期・後期選抜を一本化した「共通選抜」になって7年目の2019年度、神奈川県の高校入試に大きな変化が起こることが明らかになりました。

2018年7月12日、神奈川県教育委員会は学力向上進学重点校(4校)に加え、希望ヶ丘、横須賀、平塚江南の3校において、「共通」の特色検査を実施すると発表しました。

2020年の大学入試改革を踏まえ、対象となる中学3年生の高校受験に新たな選択肢が示されました。

学力向上進学重点校ってなに?

神奈川県教育委員会から指定された、大学進学指導の充実を図り進学実績向上に重点を置いた公立高校のことです。

県教育委員会として学力向上進学重点校エントリー校に対する支援を行い、次の5つの指標に基づき、その実績に応じて毎年度、該当校があれば随時学力向上進学重点校としての指定を行っていきます。

(1)めざす生徒像を見据えて、「主体的・対話的で深い学び」の視点による教科指導等を展開し、高いレベルの思考力・判断力・表現力等の能力の育成を図るため、各学校において達成すべき学力水準を示している。

(2)県教育委員会が実施する生徒学力調査(2学年)の結果により、高い学力を身に付けさせている。

(3)生徒の7割以上が在学期間中に、英語検定2級程度以上のレベルを達成し、高い英語力を習得している。

(4)生徒の探究活動や全国規模の大会等での取組みなど、学校の教育活動全体を通じて、豊かな人間性や社会性を育み、その成果をあげている。

(5)全県立高校の中で、いわゆる難関と称される大学への現役進学において高い実績をあげている。

参考:神奈川県教育委員会(新たな学力向上進学重点校エントリー校の指定について)

現在、学力向上進学重点校には横浜翠嵐高等学校柏陽高等学校湘南高等学校厚木高等学校の4校が指定されています。

そして今回、学力向上進学重点校に以下の13校がエントリー校として指定されました。

  • 川和高等学校
  • 多摩高等学校
  • 光陵高等学校
  • 横浜平沼高等学校
  • 希望ケ丘高等学校
  • 横浜緑ケ丘高等学校
  • 横須賀高等学校
  • 鎌倉高等学校
  • 茅ケ崎北陵高等学校
  • 平塚江南高等学校
  • 小田原高等学校
  • 大和高等学校
  • 相模原高等学校

横須賀高校がエントリー校に指定

横須賀市公郷町にある県立横須賀高校は、2016年度の入試から、教科横断型の「特色検査」を導入しました。

5科目の学力検査に加え、情報活用力や分析力など、特定の教科の知識だけでは解けない「総合力」を問うことが目的です。

これまで「特色検査」は、各高校が独自で作成していました。

参考:カナロコ(平成30年度 神奈川県公立高校入試 特色検査)

2019年度入試より、学力向上進学重点校4校とエントリー校のうち希望ケ丘、横須賀、平塚江南の3校では、神奈川県が作成する「共通」特色検査を実施することになります。

2020年度(現中2生)からは更なる変化が

現中2生が受験する2020年度の入試では、すべての学力向上進学重点校とエントリー校の17校で「共通」の特色検査を実施することになっています。

ただし、エントリー校の指定期間は2021年3月31日までで、学力向上進学重点校として認められたわけではありません。

少なくとも、2021年度(現中1生)までは横須賀高校で「共通」特色検査が実施されることは確定ですが、エントリー校から除外される可能性もあるということです。

まとめ 難易度・出題傾向ともに大きく変わる可能性

特色検査の制度が初めて導入されたとき、各高校が「出題例」を受検者に提示しましたが、今回は出題例を提示する予定はないようです。

「受験当日までどんな問題が出るかがわからない」ということですね。

今後、学力向上進学重点校を目指すお子さまにとって、特色検査の対策は必須です。

文部科学省による「高大接続改革」の一貫で、大学入試にも大きな変革が予定されている今、これまで以上に「思考力・判断力・表現力」に重点を置いた学習を始めておきましょう。

森友
横須賀ゼミナールでは、入塾案内・学習相談・無料体験を随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

横須賀市の地域紹介

神奈川県の南東部にある三浦半島の横須賀市は、東側は東京湾、西側は相模湾に接しています。

横須賀市には、JR横須賀線、京急線が通っており、都心部へのアクセスも良いことからベッドタウンとしても人気を集めています。

横須賀は、幕末にペリーが来航した歴史ある地であり、江戸時代から軍港都市として栄えており、「米軍基地のある街」としても親しまれています。

東京湾に浮かんでいる唯一の無人島である「猿島」は、観光スポットとして人気があり、海水浴やバーベキューを楽しむ人でにぎわっています。

坂が多いものの温暖な気候が特徴で、夏祭りや花火大会などの各種イベントも多く、自然を感じながら文化にも触れられる注目のエリアです。

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県の学習塾で勤務し、集団授業形式の小学生~中学生の文系科目を主に担当。小学生~高校生の個別指導、教室長として教室運営を経験しました。画一的な指導ではなく、一人ひとりの子どもにあった学習指導を実現するため、平成24年、横須賀市に「横須賀ゼミナール」を開塾しました。一人ひとりに目が行き届き、一人ひとりと向き合える教育を実践しています。