【横須賀の高校受験】「内申点」はこうして決まる!

こんにちは。横須賀ゼミナールの森友(@yokosuka_semi)です。

「内申点」は、簡単にいうと「通知表」の点数です。

「調査書の評定」や「学習の記録」として記載されることもあり、高校入試において欠かせない資料です。

2002年に「相対評価」から「絶対評価」になり、私や保護者の皆さまが中学生だった頃とは大きく変わりました。

そこで今回は、内申点(評定)の決め方をご紹介します。

観点別学習状況の評価

通知表には、教科ごとに観点別学習状況がつけられています。

観点別学習状況とは、学力を単なる知識量としてとらえるのではなく、子どもたちの長所を伸ばし、総合的な生きる力を育んでいくことをねらいとする評価方法のことです。

学習指導要領にもとづき観点ごとの目標が設定され、その目標に対してどれだけ実現できたかをA・B・Cの3段階で評価されます。

A:十分満足できると判断されるもの

B:おおむね満足できると判断されるもの

C:努力を要すると判断されるもの

評価される内容は?

すべての教科は「関心・意欲・態度」「思考・判断・表現」「技能」「知識・理解」などの4つの観点に分けら、評価されています(国語のみ5観点)。

これらの評価は定期テストの結果を始め、授業中の様子や活動(調べ学習への取り組みなど)、提出物(プリントやワーク、ノートなど)、実技などから多角的に評価されます。

観点別学習状況の評価から「内申点」(評定)が決まる

観点別学習状況がA~Cで評価されると、それを総合的にみて1~5の「内申点」(評定)が決まります。

5:十分満足できると判断されるもののうち、特に高い程度のもの

4:十分満足できると判断されるもの

3:おおむね満足できると判断されるもの

2:努力を要すると判断されるもの

1:一層努力を要すると判断されるもの

組み合わせの代表例から評定を計算

A°A°A A (18)→ 5
A A A A  (16)→ 4
B B B B  (12)→ 3
C°C°C°C°(8)→ 2
C°C°C C  (6)→ 1

A°=5点、A=4点、B=3点、C°=2点、C=1点です。

観点別評価のA~Cの評価を数値化し、合計した得点で評定が決まります。

合計が20~18点ならば5、17~14点なら4、13~11点なら3、10~8点なら2、7~4点なら1になります(国語のみ例外)。

定期テストの点数がよくても、その他の観点が普通だった場合、4つの観点の評価の組み合わせは「ABBB」となり、評定は「5」ではなく「3」になってしまいます。

単純に定期テストの点数だけで通知表の評定が決まっているわけではないことがわかりましたね。

まとめ 評定のみに目を向けず、観点別評価をよく見て!

大切なのは、授業態度、提出物の提出状況などが評価されることです。

内申点(評定)や、定期テストの得点だけに目を奪われず「子どもの力」を丁寧に見てあげましょう。

観点別評価を1つ上げることで、評定が3から4、4から5になるかもしれません。

やみくもな目標設定ではなく、この観点をガンバル!といった明確な目標設定をしたいですね。

もし、すべての科目に共通している「関心・意欲・態度」の評価がBやCなら、提出物の「提出忘れ」や「期限遅れ」があった可能性があります。

1つのミスでAは付かないという意識も大切です。

参考:神奈川県教育委員会(評価資料集Ⅳ-評価活動の参考資料として-中学校)

森友
横須賀ゼミナールでは、入塾案内・学習相談・無料体験を随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

横須賀市の地域紹介

神奈川県の南東部にある三浦半島の横須賀市は、東側は東京湾、西側は相模湾に接しています。

横須賀市には、JR横須賀線、京急線が通っており、都心部へのアクセスも良いことからベッドタウンとしても人気を集めています。

横須賀は、幕末にペリーが来航した歴史ある地であり、江戸時代から軍港都市として栄えており、「米軍基地のある街」としても親しまれています。

東京湾に浮かんでいる唯一の無人島である「猿島」は、観光スポットとして人気があり、海水浴やバーベキューを楽しむ人でにぎわっています。

坂が多いものの温暖な気候が特徴で、夏祭りや花火大会などの各種イベントも多く、自然を感じながら文化にも触れられる注目のエリアです。

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県の学習塾で勤務し、集団授業形式の小学生~中学生の文系科目を主に担当。小学生~高校生の個別指導、教室長として教室運営を経験しました。画一的な指導ではなく、一人ひとりの子どもにあった学習指導を実現するため、平成24年、横須賀市に「横須賀ゼミナール」を開塾しました。一人ひとりに目が行き届き、一人ひとりと向き合える教育を実践しています。