実は非効率!?見直したい勉強法

こんにちは。横須賀ゼミナールの森友(@yokosuka_semi)です。

「毎日○時間も勉強したのに、テストで全然結果が出なかった」という人はいませんか?

それは勉強の仕方に問題があるのかもしれません。

今回は、多くの人がやっているけど実は非効率的な勉強法と、その改善策をご紹介します。

ダラダラ時間だけ費やすのはNG

家庭学習の目安は「学年プラス1時間」「学習計画には時間を書くように」と言われることが多いです。

でも、ただ長時間机に向かっていたらよいわけではなく、勉強時間の質が大切になります。

テレビやBGMは消そう

テレビや動画を見ながら、音楽を聴きながら勉強している人は、勉強に集中できていないことがほとんどです。

「ながら勉強」の中でも特に効率が悪いとされるのは暗記です

テレビの内容や歌の歌詞など他のものに気を取られる時間が生じるため、集中して暗記に励んだときと比べて覚えられる量が少なくなります。

勉強を始める前に必ずテレビやBGMを消しましょう。

スマホや漫画は視界からなくそう

机上の整理も勉強を始める前に必ずしておきたいことの1つです。

せっかく机に向かって教科書、ノートを開いていても、机上にスマホや漫画など勉強に関係ないものが置いてあると、ついつい視線が勉強から逸れてしまいます。

勉強すると決めた時間の間は、スマホや漫画を開かないように視界から片付けるのが良いでしょう。

睡眠時間を削るのはNG

夜中に勉強をする生活リズムの人、特にテスト前は睡眠時間を削って深夜遅くまで勉強をしているという人は要注意です。

睡眠時間は勉強の効率に深く関連しているのです。

徹夜は体にも勉強効率にも良くない

体が健康的な状態でなければ頭も働かず、徹夜した翌日の授業の集中力まで下がってしまいます

暗記は寝る前にやった方が良いと言われているのも、勉強と睡眠が密接に関わっているからです。

数時間の仮眠をとるよりまとまった睡眠時間を確保する方が、記憶力が増します。

徹夜は絶対にやめましょう

早起きして朝に勉強しよう

しっかり寝た翌朝は前日に勉強した内容が脳内で整理整頓されているため、新しく学習する内容が身に付きやすいです。

ある程度勉強したら夜は早めに寝て、残りは朝起きてからやるようにすると効率が良くなるでしょう。

君は、朝型or夜型どっち?効率が良い勉強時間について

2019年10月9日

問題集を解きっぱなしはNG

意外といるのが、問題集を解きっぱなしで放置する人です。

問題を解いて勉強しようという姿勢は良いのですが、解いただけで満足していては不十分な勉強の仕方と言えます。

答え合わせは必ずその日のうちにしよう

効率の良い勉強法は、自分の弱点を知り、できない分野に集中して取り組むことです。

答え合わせをして自分が間違えた問題を知ることで、そのスタート地点に立つのです。

答え合わせを行う際は、ただ模範解答と照らし合わせて○×をつけるだけでなく、間違えた問題について「なぜ間違えたか」を明らかにすることが重要です。

そのためにも、解いたときのことを覚えているその日のうちに答え合わせを行いましょう。

解き直しこそ大事!

なぜ間違えたかがわかったら、次は同じ問題を解き直します。

問題集は何度も繰り返し解いて練習して下さい。

ただし、1度目で迷いなく解けた問題についてはやる必要はありません。

解ける問題を何度もやっていても非効率です。

その分、自分が間違えた問題に時間をかけて効率良く勉強を進めましょう。

限られた時間で効率的な勉強を!

部活動や塾など、放課後も土日も何かと忙しい中で与えられた課題以外の勉強時間を確保するのは大変です。

限られた時間を有効活用するために、効率的な勉強法を身につけてくださいね。

森友
横須賀ゼミナールでは、入塾案内・学習相談・無料体験を随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

横須賀市の地域紹介

神奈川県の南東部にある三浦半島の横須賀市は、東側は東京湾、西側は相模湾に接しています。

横須賀市には、JR横須賀線、京急線が通っており、都心部へのアクセスも良いことからベッドタウンとしても人気を集めています。

横須賀は、幕末にペリーが来航した歴史ある地であり、江戸時代から軍港都市として栄えており、「米軍基地のある街」としても親しまれています。

東京湾に浮かんでいる唯一の無人島である「猿島」は、観光スポットとして人気があり、海水浴やバーベキューを楽しむ人でにぎわっています。

坂が多いものの温暖な気候が特徴で、夏祭りや花火大会などの各種イベントも多く、自然を感じながら文化にも触れられる注目のエリアです。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

神奈川県の学習塾で勤務し、集団授業形式の小学生~中学生の文系科目を主に担当。小学生~高校生の個別指導、教室長として教室運営を経験しました。一人ひとりに目が行き届き、一人ひとりと向き合える教育を実践しています。>>詳しいプロフィールはコチラ