英語教育はいつから始めるべき?

こんにちは。横須賀ゼミナールの森友(@yokosuka_semi)です。

クローバル社会に伴って、ますます英語教育が重視されるようになりました。

今日の就職活動では、トイックスコアが足切りに使われることも多くあります。

そうした社会背景から、日本語だけでなく英語を学ばせたいと思う保護者も少なくありません。

しかし、第二言語の教育はいつから始めるべきか、悩んでいる方も多くいるのではないでしょうか。

そこで今回は、第二言語の習得時期について紹介していきます。

生まれてすぐに第二言語教育をするのは危険?

生まれてすぐの第二言語教育はアイデンティティを脅かす

言語は皆さんもお分かりの通り、伝達機能を有しています。

しかし、言語の機能はそれだけではありません。

実はもう一つ、アイデンティティ機能を有しているのです。

では、このアイデンティティとはなんでしょうか。

端的に述べますと、自分という人間を形成する「私とは何か」という自己同一性のことを言います。

つまり、言語とは「私は日本人である」「私はこういうものが好きである」と言った根源的なものと密接に関わっているのです。

ゆえに、生まれてすぐに第二言語を教えることは、場合によっては「私は日本人である」というアイデンティティを脅かす可能性があると考えられます。

それでも幼少から教育したい人がすべき方法とは

しかし、それでもバイリンガルを目指して幼少の頃から育てたい方もいるでしょう。

そういった方に、普段日本語を話しながら、第二言語教育をしたい時だけ第二言語を話す方法はオススメすることはできません。

なぜなら、小さいうちは母語と第二言語を区別できない状況にあるからです。

同じ人が日本語と英語を話していたら、どれが日本語で、どれが第二言語か区別ができないわけです。

また、多くの研究者は第二言語同時習得の結果、発達障害を生む可能性があることも指摘しています。

では、やはり第二言語習得を幼少期からしてはいけないのでしょうか。

そんなことはなく、近年では「一人一言語の法則」が言われています。

これは、一人が同じ言語で話し続けるということを意味しています。

つまり、例えば母親は日本語で話し続け、父親が英語で話し続けると言ったような方法であれば、第二言語教育が有効であるということです。

しかし一方で、使い分けそのものが子どもに心理的な負担を与える問題や、父親と母親が異なる言葉を話す場合に家庭の不和の原因になる問題が指摘されています。

そのため、英語だけを話す英語塾などを活用するのも一つの方法です。

いつから第二言語を教えるのがベスト?

臨界期を考えると9歳以前に教育すべき理由

残念ながら、言語は大半が未解明である脳と深く関わった分野であるため、研究者の中でも複数の意見が上がっており、明確な時期というのはわかっていません。

しかし、ある年齢を迎えると第二言語習得が難しくなる臨界期というものが存在することは指摘されており、それを考えると9歳以前からバイリンガル教育を始めるのがベストであると考えられます。

バイリンガルとまでいかないものの、効率よく英語習得ができるのは、20代前半までというのはよく言われていますね。

そもそもバイリンガルとは?

ちなみに、このバイリンガルという言葉は「二つの言語が話せる」と定義されていますが、その程度には違いがあります。

厳密には、「聞く」「読む」「話す」「書く」のうち、

  1. 「聞く」ことは両言語ででき、それ以外は1言語しかできない者を「聴解型バイリンガル」
  2. 「聞く」「話す」は両方でき、「読む」「書く」は1言語しかできない者を「会話型バイリンガル」
  3. 4領域揃って両言語でできる者を「バイリテラル」と呼んでいます。

これを知ると、皆さんがイメージするバイリンガルが「バイリテラル」であることがわかるのではないでしょうか。

しかし、実際はこれだけの区分があるように、バイリテラルを育てることは困難であり、また、バイリテラルを育てる方法は立証されていません。

効率よく第二言語教育をしていこう

いかがでしたか?

第二言語は幼少期から教育する場合には注意が必要です。

しかし、9歳以降だとなかなかバイリンガルに育てることが難しいため、その兼ね合いが難しいところですね。

この記事が、第二言語の教育方針を決定する上で少しでもお役に立ったなら幸いです。

森友
横須賀ゼミナールでは、入塾案内・学習相談・無料体験を随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

横須賀市の地域紹介

神奈川県の南東部にある三浦半島の横須賀市は、東側は東京湾、西側は相模湾に接しています。

横須賀市には、JR横須賀線、京急線が通っており、都心部へのアクセスも良いことからベッドタウンとしても人気を集めています。

横須賀は、幕末にペリーが来航した歴史ある地であり、江戸時代から軍港都市として栄えており、「米軍基地のある街」としても親しまれています。

東京湾に浮かんでいる唯一の無人島である「猿島」は、観光スポットとして人気があり、海水浴やバーベキューを楽しむ人でにぎわっています。

坂が多いものの温暖な気候が特徴で、夏祭りや花火大会などの各種イベントも多く、自然を感じながら文化にも触れられる注目のエリアです。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

神奈川県の学習塾で勤務し、集団授業形式の小学生~中学生の文系科目を主に担当。小学生~高校生の個別指導、教室長として教室運営を経験しました。一人ひとりに目が行き届き、一人ひとりと向き合える教育を実践しています。>>詳しいプロフィールはコチラ