誰でもできる!数学の公式を覚える方法

こんにちは。横須賀ゼミナールの森友(@yokosuka_semi)です。

数学が苦手だと言う人の中には「公式が多過ぎて覚えられない」、「数学の公式はアルファベットとかギリシャ文字で覚えにくい」という人がいます。

そういう人たちは決定的に数学の学習の仕方が間違っているのです。

数学の公式は、ひたすらそれだけを見たり、読んだり、何度も書いたりして暗記するものではありません。

社会、理科のような暗記教科と同じ学習の仕方をしていては、いつまで経っても公式が身に付きません。

そこで今回は、誰でも今すぐに実践することができる公式を覚える方法をご紹介します。

基本は反復練習!

数学の基本は反復練習です。

教科書を読んでいるだけ、解説を聞いているだけでは自分で問題を解けるようになりません。

もちろん公式も覚えられません。

とにかく問題を解きましょう。

反復練習が大切な理由

2018年10月3日

公式を覚えるのに最適なのは、単純な計算問題を何度も何度も繰り返し解くことです。

公式を使って解く計算問題を何問も解いているうちに、自然と公式を覚えてしまいます。

最初は全問公式を見ながら解いてもかまいませんが、徐々に公式を見る回数を減らしていくのがコツです。

公式を「使う」ことに意味があるので、反復練習を行う際の問題は難易度の高くないものが好ましいです。

人間は機械や道具を初めて使うとき、使い方が分からなくて説明書を見て調べますよね。

でも何度も繰り返し使っているうちに、いつの間にか一切説明書なんて開かなくても使いこなせるようになっているものです。

数学の公式を覚えるのも同じで、「使う」ことで覚えるのがおすすめです。

言葉の式で覚える

教科書に載っていたり授業で黒板に書かれたりする数学の公式は、どれも数字、アルファベット、ギリシャ文字で書かれていて、パッと見て意味もわかりにくいし余計に覚えづらく感じるでしょう。

でも実は、日本語でその式の意味を知ると、意外と簡単な内容の式だったりします。

例えば、小学校の算数で習った円の面積の公式のように、「(半径)×(半径)×3.14」と言葉の式で覚えるのです。

言葉の式の方が意味がわかるから考えて公式を利用できるし、想像できる分、記憶にも残りやすくなります。

教科書に載っている公式自体を覚えているかどうかが問われるのではなく、公式を使いこなせるかどうかが問われるのが数学の試験ですから、アルファベットやギリシャ文字で覚えずに、言葉の式で覚えたとしても試験などでは何の支障もありません。

自分で作った語呂合わせで覚えよう

数学の授業で新たな公式が出てくると、一般的な語呂合わせが一緒に紹介されることがあると思います。

年号を覚えるのに語呂合わせが有効なように、数学の公式も語呂合わせで覚えると、いざ実際に問題を解く場面でも記憶を引き出しやすいです。

より効果的でおすすめなのは、語呂合わせを自分で考えることです。

人に教えてもらったりネットに載っていたりする語呂合わせを、ただ見て聞いて覚えるよりも、自分で考えて作った語呂合わせの方がより覚えやすく引き出しやすいです。

悩んで作ったそのときのことが記憶され、公式も頭に残りやすくなるのです。

まとめ 公式は「考えながら」覚えるのが1番

今回ご紹介した3つの方法に共通しているのは、どれも覚える過程でしっかり自分の頭で考えているということです。

黙って目で見ていても、耳で聞いていても、手で書きなぐっていても、数学の公式は覚えられません。

「考える」ことで記憶に残りやすくなるものです。

数学が得意な人、好きな人には自分で公式を証明してみることをオススメします。

公式が載っている教科書のページには、その公式を導くための証明も一緒に載っている場合がありますが、それは見ないで、自力で公式を導くのです。

1度自分で考えて証明した公式はいつになっても忘れることはありません。

悩むかもしれないし、時間もかかるかもしれませんが、その一手間が確実に覚えるコツです。

森友
横須賀ゼミナールでは、入塾案内・学習相談・無料体験を随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

横須賀市の地域紹介

神奈川県の南東部にある三浦半島の横須賀市は、東側は東京湾、西側は相模湾に接しています。

横須賀市には、JR横須賀線、京急線が通っており、都心部へのアクセスも良いことからベッドタウンとしても人気を集めています。

横須賀は、幕末にペリーが来航した歴史ある地であり、江戸時代から軍港都市として栄えており、「米軍基地のある街」としても親しまれています。

東京湾に浮かんでいる唯一の無人島である「猿島」は、観光スポットとして人気があり、海水浴やバーベキューを楽しむ人でにぎわっています。

坂が多いものの温暖な気候が特徴で、夏祭りや花火大会などの各種イベントも多く、自然を感じながら文化にも触れられる注目のエリアです。

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県の学習塾で勤務し、集団授業形式の小学生~中学生の文系科目を主に担当。小学生~高校生の個別指導、教室長として教室運営を経験しました。画一的な指導ではなく、一人ひとりの子どもにあった学習指導を実現するため、平成24年、横須賀市に「横須賀ゼミナール」を開塾しました。一人ひとりに目が行き届き、一人ひとりと向き合える教育を実践しています。