偏差値を上げる学習方法【勉強は早く始めるのが良い?】

こんにちは。横須賀ゼミナールの森友(@yokosuka_semi)です。

「高校進学を視野に入れて、偏差値を上げたい」という中学生と保護者のみなさまも多いと思います。

そこで、今回は「偏差値を上げるための勉強法」をご紹介します。

偏差値の仕組みや、学習のスタート時期などにも触れていますので、興味をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

偏差値とは?

学力を測る際に使われる指標は、「点数」と「順位」だけではなく、「平均点との比較」や「偏差値」があります。

偏差値は、ある集団の中で位置を知るときに使う数値で、平均点が偏差値「50」になり、それを基準にして上もしくは下という見方をします。

偏差値は試験を受けた人数によって信ぴょう性が増し、複数の試験の結果を比べる際に、「偏差値」をみることで、平均点の異なるテストであったとしても、成績を見比べることができるのです。

また、偏差値から得意教科・苦手教科を知ることも可能です。

偏差値を上げる各教科の学習方法のポイント

「偏差値を上げる」ことを考えた時、「40から50に上げる」のと「60から65に上げる」のでは、勉強の質や量が異なります

「50」は平均なので、「40」から「50」に上げたい場合には、基礎の見直しを徹底して行い、平均点をとれるように目指しましょう。

「60」から「65」に上げる場合には、基礎的な知識の取りこぼしを防ぐだけではなく、応用問題でいかに得点を取るかが大切です。

そのため、偏差値が「50」以下のお子さんはまず基礎学力を身に着け、「50」近辺のお子さんは基礎を完璧にし、「60」以上を目指すお子さんは応用力を高めることが重要です。

国語

基礎となる漢字・熟語を覚えます。

書くことに慣れ、読解力を養いましょう。

応用力をつけるためには、論理的に回答を導き出すことが重要です。

数学

基礎となる計算や方程式を覚えます。

応用力をつけるためには、過去問に触れ解き方を理解しましょう。

その際「解き方の順番」にも注目してください。

英語

基礎となる単語や熟語・文法を覚えます。

とくに注意したいのが「発音」を正しく覚えることです。

応用力をつけるためには、間違えた問題を暗記するのもオススメです。

高校受験に向けた英語の学習ポイント【合格するための学習方法】

2018.06.27

理科

基礎となる用語を覚えます。

応用力をつけるためには、基礎を繰り返し、抜け漏れを防ぐだけではなく、間違ってしまったりあいまいな問題にしっかりと向き合ったりすることが大切です。

社会

基礎となる用語を覚えます。

応用力をつけるためには、自分の言葉で事象を説明できるようになることが重要です。

点と点ではなく、物事の成り立ちや背景を理解しましょう。

偏差値を上げるには早いうちからの毎日の学習習慣が必要

ご紹介したように、偏差値「50」である平均点を取り、その上を目指すためには、早い内から毎日の学習習慣を身に着けることが大切です。

勉強は、投下時間に比例するように成績が伸びていくお子さんが多くいます。

苦手科目が克服できない場合には、不得意な単元と向き合う時間が不足しているケースが多いのです。

わかるまで何度でも向き合い、じっくりと学習して理解する」ためには、勉強時間をしっかりと確保することが必要不可欠です。

そのためにも、中学1年生などの早い段階から高校進学を見据えて、毎日勉強する習慣を身に着けることが大切なのです。

取り組みが早ければ早いほど、苦手科目や不得意な単元に向き合える時間が長くなり、結果として苦手を克服した状態で高校受験にのぞむことができる可能性が高まります。

まとめ 偏差値を上げるにはコツコツと努力が必要

ご紹介したように、偏差値を上げるためには「基礎学力」と「応用力」が重要なポイントです。

基礎的な学力を定着させるためにも、毎日コツコツと勉強する習慣を中学1年生の内から身に着けておきましょう

学習習慣をつけるために学習塾を利用することもオススメですよ。

【中学生の塾選び】個別指導塾に通うメリットは?

2018.05.23

【中学生の塾選び】高校受験に向けた塾を選ぶポイントは?

2018.05.09
森友
横須賀ゼミナールでは、入塾案内・学習相談・無料体験を随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

横須賀市の地域紹介

神奈川県の南東部にある三浦半島の横須賀市は、東側は東京湾、西側は相模湾に接しています。

横須賀市には、JR横須賀線、京急線が通っており、都心部へのアクセスも良いことからベッドタウンとしても人気を集めています。

横須賀は、幕末にペリーが来航した歴史ある地であり、江戸時代から軍港都市として栄えており、「米軍基地のある街」としても親しまれています。

東京湾に浮かんでいる唯一の無人島である「猿島」は、観光スポットとして人気があり、海水浴やバーベキューを楽しむ人でにぎわっています。

坂が多いものの温暖な気候が特徴で、夏祭りや花火大会などの各種イベントも多く、自然を感じながら文化にも触れられる注目のエリアです。

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県の学習塾で勤務し、集団授業形式の小学生~中学生の文系科目を主に担当し、小学生から高校生の個別指導、教室運営を経験しました。画一的な指導ではなく、一人ひとりの子どもにあった学習指導を実現するため、平成24年、横須賀市に「横須賀ゼミナール」を開塾しました。一人ひとりに目が行き届き、一人ひとりと向き合える教育を実践しています。