avatar
森友
はじめまして。横須賀ゼミナール代表、森友と申します。ご訪問ありがとうございます。

横須賀ゼミナールはどんな塾?

地元・横須賀に開校し、8年。

地域の受験情報などに合わせて、たくさんの生徒の進学・進級をお手伝いしてきました。

さて、この度子どもたちの学習内容が大きく変更されたのをご存じでしょうか?

  • 小学校で英語が「教科」に。テストも実施!
  • プログラミング学習の開始
  • センター試験廃止 → 大学入学共通テストがスタート

このように、日本の教育は大きな変革の時期を迎えています。

現在、IT技術の進歩、人工知能(AI)の開発などにより、単純労働は減っていき、今ある仕事は将来機械が担当すると言われています。

しかしこれは、労働自体が減るという意味ではありません。仕事の質が変わるのです。

今の子どもたちは、機械ではできない「知の創造」を行う大人になることが求められます。

暗記や計算のような「知の蓄積」はAIに任せ、知識を活用して新たなものを生み出す社会人にならなくてはなりません。そのため、思考力・判断力・表現力等を育むことが、教育現場において新たな課題になっています。

これはとても大きく、難しい変化です。

学校や塾では、これまで「答えを教え込む」指導を行ってきました。

しかしこれからは、「プロセスを考えさせる」指導が必要となります。

2021年度から実施予定の大学入学共通テストでは、暗記だけでは解答できない問題が多く出題されるようになります。しかし横須賀市はこの時代の変化に対する対応が遅れており、従来の詰め込み教育が続いています。

同時に、大手学習塾は規模が大きいため、指導内容の刷新には時間がかかることでしょう。

そんな中、当塾は小規模ながら、地域に先駆けて、新しい時代に対応する学習を取り入れてきました。

「どう教えるかではなく、どう学ばせるか」

それこそ当塾の方針であり、子どもたちが未来を生きるための生涯学習でもあります。

予測困難な時代でも、一人ひとりが未来の創り手となる。

それを助けるために、私たちは常に生徒に寄り添い、前へと進んでいきます。

横須賀ゼミナール 代表

森友 太介

代表 森友 プロフィール

  • 1988年2月生まれ。横須賀市出身、横須賀市在住。
  • 家族:奥さんと子ども2人(8歳と4歳の女の子)
  • 趣味:読書、インターネット、ブログ、カメラ、ゲーム
  • 好きな食べ物:肉

経歴

  1. 在学中の学習塾勤務(4年間・横浜、横須賀エリア)
  2. 卒業後、大手学習塾に就職(神奈川県内)
    • 集団授業形式の小~中学生の文系科目を担当
    • 小学生~高校生の個別指導
    • 教室長として教室運営
  3. この勤務経験から、画一的な指導ではなく、「一人ひとりに目を向ける学習塾」を開きたいと決意
  4. 2012年3月、「横須賀ゼミナール」を開塾(横須賀市)
  5. 2018年5月、ブログを開始

    地域に特化した受験情報や、子どもの個性に応じた勉強法を発信中