長時間勉強したいときにオススメ!ポモドーロ・テクニックとは?

こんにちは。横須賀ゼミナールの森友(@yokosuka_semi)です。

「勉強をもっとしたいけど、集中力がもたない」「勉強し始めても、すぐに疲れてしまう」といった悩みを抱えている中学生も多いのではないでしょうか。

そんなあなたにオススメしたいのが、ポモドーロ・テクニックです。

簡単に言うと、25分ごとに休憩をとる作業方法のこと。

これを利用すれば、疲れにくいため長時間の勉強ができ、成績アップも見込めます。

ポモドーロ・テクニックとは?

ポモドーロ・テクニックは、起業家のフランチェスコ・シリロによって1990年代に考案された作業方法です。

開発の際に使われていたのがトマト型のキッチンタイマーだったことから、「ポモドーロ(イタリア語でトマトの意味)」と呼ばれています。

ポモドーロ・テクニックを使えば、

  • 疲れにくい
  • 集中しやすい
  • メリハリがつく

といったメリットがあります。

その結果、勉強の効率が上がり、テストの点数も上がるかもしれません。

続いて、ポモドーロ・テクニックのやり方を見ていきましょう。

ポモドーロ・テクニックのやり方

ポモドーロ・テクニックのやり方は以下の通りです。

  1. 作業をToDoリストに書く
  2. 25分作業をする
  3. 5分休憩をとる
  4. ②~③を4サイクルしたら15-30分の休憩をとる

詳しく見ていきましょう。

作業をToDoリストに書く

ポモドーロ・テクニックの休憩ごとに、「次は何をしよう?」と考えていては、効率が悪くなってしまいます。

そのため最初に、今日やるタスクや、達成したい問題をToDoリストに書いておくようにしましょう。

25分作業をする

続いて、25分間作業に集中します。

時間を測るには、タイマーを活用しましょう。

キッチンタイマーのほか、スマートフォンのアラームもオススメです。

最近ではポモドーロ・テクニックのアプリも出ているため、チェックしてみても良いかもしれません。

ただし、スマートフォンの画面が視界に入っていると、メールの通知や時間経過など、無意識のうちに注意を払ってしまい、集中力が落ちてしまう可能性があります。

そのため、スマートフォンは視界の外に置くか、画面を下にして置くようにしましょう。

5分休憩をとる

25分経過したら、5分の休憩をとりましょう。

  • 目を閉じる
  • 深呼吸する
  • 体をほぐす

といった方法でリラックスしてください。

「まだ疲れていないのに休憩をとるの?」と疑問に感じるかもしれませんが、ポモドーロ・テクニックでは、疲れないうちに休むことが大切なのです。

その結果、普段より長く作業に打ち込むことができるようになります。

2.-3.を4サイクルしたら15-30分の休憩をとる

25分作業、5分休憩のサイクルを4回繰り返したら、長めの休憩をとるようにしてください。

時間の目安は15分から30分です。

これにより、脳の疲れをとることができます。

休憩中に仮眠をとることもオススメです。

特に受験生は、深夜まで勉強をして睡眠時間が減りがち。

15分から30分の仮眠で、睡眠不足を解消するのも良いでしょう。

短時間の仮眠は「パワーナップ」とも呼ばれており、心理学者のジェームス・マースが唱えた用語。

仮眠によって眠気も消えるため、勉強の効率もアップするかもしれません。

ポモドーロ・テクニックの応用編

10分作業→2分休憩の短縮法

ポモドーロ・テクニックを試してみようと思っても、「25分も集中が続かなかった」という方もいるかもしれません。

そこでオススメなのが、10分間隔で休憩をとる方法です。

10分作業をして、その後2分休憩する、といったサイクルを繰り返してみましょう。

「あの宿題面倒臭そうだな」「この教科苦手なんだよな」と思っていても、「10分だけなら、やってみるか」と、やる気にも繋がるかもしれません。

その後、慣れてきたらポモドーロ・テクニックのように25分間隔にしてみると良いでしょう。

「勉強日誌」をつけてみる

また、そのほかにオススメしたいのが「勉強日誌」をつけることです。

飽き性の方は、毎日でなくともかまいません。

ポモドーロ・テクニックを使い始めた日と、それ以前で勉強の量や、効率を見比べてみると、自身の成長に気づくこともできるでしょう。

もちろん、ポモドーロ・テクニックが合わない方もいます。

そうした場合にも、勉強日誌をつけていれば、「自分には向いていないんだな」と客観的に判断できるので、オススメです。

勉強日誌には、

  • 日付
  • 科目ごとに勉強した分野
  • それぞれにかかった時間
  • 合計勉強時間
  • 自己評価(5段階)

などを書いておくと、読み返すときに便利です。

受験前には、「これだけ勉強してきたんだから大丈夫」と、お守り代わりにもなるかもしれません。

まとめ 着手しやすい上に効果も出やすい勉強法の1つ

今回は中学生にオススメの勉強方法ポモドーロ・テクニックをご紹介しました。

25分勉強したあと、5分の休憩を入れる方法です。

これにより、集中力や勉強の効率アップにも繋がるかもしれません。

ぜひ試してみてください。

森友
横須賀ゼミナールでは、入塾案内・学習相談・無料体験を随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

神奈川県の学習塾で勤務し、集団授業形式の小学生~中学生の文系科目を主に担当。小学生~高校生の個別指導、教室長として教室運営を経験しました。一人ひとりに目が行き届き、一人ひとりと向き合える教育を実践しています。>>詳しいプロフィールはコチラ