偏差値って何?中学生向け計算方法

こんにちは。横須賀ゼミナールの森友(@yokosuka_semi)です。

高校受験を意識し始めると、学校や塾で模試を受けた際などに「偏差値」という言葉を耳にするようになると思います。

ですが、「偏差値」とは具体的に何を示す数値なのか、それによって何がわかるのか、正しく理解しているでしょうか。

そこで今回は「偏差値」の意味と、自分で算出する方法についてご紹介します。

偏差値とは?

「前回の模試より点数が上がって喜んでいたのに、よく見たら偏差値は下がっていた」というような経験はありませんか?

偏差値が何を示す数値なのか理解することで、学力試験の点数が上がっても偏差値が下がる理由もわかります。

偏差値は平均点との差を示す

偏差値とは、学力試験を受けた人達の中で自分がどの程度の位置にいるかを示す数値のことを言います。

平均点を偏差値 50 として、自分の点数が平均点よりどれくらい高いかを表しています。

ですから、2度の学力試験を受けた結果、どちらも全く同じ点数だったとしても、それぞれの試験を受けた人達の平均点が異なれば偏差値は変わることになります。

点数より偏差値が大切?

学力試験の点数よりも偏差値の方が大切だと言われるのは、この偏差値の意味が関係しています。

試験ごとに出される問題は変わり、出題の難易度や総受験者数などによって平均点も大きく変わります。

そのため、出題内容や受験者数などの条件が異なる2つの試験を受けた場合、自分の点数だけを比べても、どちらが良い結果だったとは言えません。

一方、偏差値は出題内容に左右されることなく、全体と比べた相対的な自分の実力を測れるので高校受験の指標として信頼度が高いと言えます。

偏差値の計算方法は難しい?

偏差値とはどのようなものかわかったところで、いよいよ偏差値を算出する方法について、具体的にお話したいと思います。

偏差値を出すために必要な情報

本来、偏差値は「(自分の点数-平均点)÷ 標準偏差 × 10 + 50 」という式で求められます。

正確な偏差値を求めるためには「標準偏差」という情報が必要です。

標準偏差とは、受験者の点数のばらつきを示す数値のことを言います。

つまり、自分の偏差値を正確に算出しようと思うと、受験者全員の点数を知る必要があるためとても困難なのです。

およその偏差値を求める方法

しかし、およその偏差値であれば中学生でも自分で計算して求めることができます。

およその偏差値を求める式は「 50 + (自分の点数-平均点) ÷ 2 」です。

この算出方法なら、自分の点数と試験の平均点のみわかっていればよいし、計算自体も難しくないので誰でも自分の偏差値を求めることができます。

正確に求めた偏差値とはわずかに誤差があるものの、自分の偏差値の目安や実力を知るためであれば、この求め方で充分通用します。

模試の偏差値の意味

模試を受けると正確な偏差値が結果に書かれます。

模試はその年の受験生のほとんどが受けているため、模試の偏差値を見ることで自分が今年の受験生の中でどの程度の位置にいるのか確認することができます。

例えば、自分の偏差値が 50 であれば、今年の受験生の中でちょうど真ん中辺りに自分が位置していることになり、偏差値 70 であれば全体の上位に位置していることになります。

校内試験と模試の偏差値の使い分け

正確な偏差値がわかる模試はそれほど頻繁には行われていません。

なので、定期的に行われる校内試験の結果から、自分でおよその偏差値を算出し、その都度自分の実力を示す目安としてとらえておくと良いでしょう。

およその偏差値をもとに日頃の勉強の目標を立てるのもオススメです。

まとめ 偏差値はあくまでも目安

高校受験は偏差値がすべてではありません。

偏差値だけが学力の指標のようにとらえられてしまいがちですが、偏差値の高い学校がよい学校というわけではありません。

偏差値はあくまで目安であり、内申点や校風、学科などさまざまな情報を加味した上で志望校を決めましょう。

森友
横須賀ゼミナールでは、入塾案内・学習相談・無料体験を随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

神奈川県の学習塾で勤務し、集団授業形式の小学生~中学生の文系科目を主に担当。小学生~高校生の個別指導、教室長として教室運営を経験しました。一人ひとりに目が行き届き、一人ひとりと向き合える教育を実践しています。>>詳しいプロフィールはコチラ