計算ミスを減らす3つの方法

こんにちは。横須賀ゼミナールの森友(@yokosuka_semi)です。

数学が得意な人も、そうでない人も、テストが返却されたときに、どの問題をどのように間違えたか確認すると思います。

そのとき、計算ミスをしたことに気づいて「なんだ、解法は合ってたじゃん」と安心してしまっている人はいませんか?

計算ミスで基礎・基本問題を取りこぼしているとなかなか点数が伸びません。

今回は計算ミスを減らすための3つの方法をご紹介します。

途中計算を必ず書こう

テスト本番など時間が限られた状況で数学の問題を解くとき、できるだけ早く計算を終わらせたいという気持ちから途中計算を書くことを省略し、暗算で計算を行う人は要注意です。

式が複雑になればなるほど暗算はミスが増えます。

思考を整理してミス減

複雑な式であっても、途中式を省略せずに書いて暗算を避けることで、一つ一つの計算が単純なものとなるので計算ミスを減らすことに繋がります。

途中計算を細かく区切ることで計算の確実性が増すとともに、きちんと書いて計算することで頭に浮かんでいる解法を整理することもできます。

見直すときに途中式が重要

また、暗算で答えを出してしまうと、あとで見直したときになぜその答えになったのか自分でもわからないことがあります。

それでは答えが当たっているのか間違っているのかもわかりません。

結局最初から解き直すことでしか、答えを確認することができず、見直しに時間がかかってしまうことになります。

途中計算を書いていれば、間違えた箇所がすぐにわかるのでそこから先だけを直せば良いので、効率的です。

計算の仕方を工夫しよう

計算の仕方を工夫することで複雑な式を避けることも計算ミスを減らす1つの方法です。

計算の工夫とは、簡単なもので言えば小学校で習った約分が良い例です。

他にも分配法則、交換法則、結合法則などのように「法則」として習うものを活用したり、因数分解を駆使したりすることで計算が楽になることがあります。

当然、計算が楽になれば計算ミスも減ります。

計算の工夫は、テスト本番だけやればいいと思っていても、どう工夫したらいいのかわからなければできませんので、普段の計算練習から工夫して楽に解くことを心掛けておくとよいでしょう。

見直しをしてミスを発見しよう

数学が得意・不得意に関わらず、どれだけ気を付けていても計算ミスをしてしまう可能性はあります。

なので、解き終わったあとの見直しは欠かせません。

逆算して確認

見直しの方法として代表的なのが逆算です

単純な計算問題に適した見直し方法です。

因数分解の問題も、自分が出した答えを展開して与式に戻るかどうか確認することによって見直しすることができます。

解を代入して確認

方程式の問題では解を与式の両辺に代入することで等号が成り立つかどうか確認することができます。

等号が成り立たなかった場合は途中式を見て、移項や計算によるミスがないか確認します。

定義にあてはめて確認

数学では多くの定義を習いますが、定義は見直しでも使えます。

例えば、確率を求める問題を解き進めていき、答えとして出た確率が1を超えるようであれば間違っていることが明白です。

見直しの方法として、再度一から解き直してみるという方法もありますが、新たに別のミスをしてしまったり、自分の計算は正しいという思い込みでミスに気づけなかったりします。解き直す時間があるか、また自分の性格との相性も考えてみましょう。

今回挙げた3つの方法のように、自分が一度出した答えが合っているか、与えられた式や情報、学んだ定義などにあてはめて確認するのが最も簡単で確実な方法です。

普段からの心掛けが大事

誰でも少し気をつけさえすれば計算ミスを減らすことができます。

今回ご紹介したことに普段から気を付けて、問題を解くとき、見直しをするときの癖をつけましょう。

そうすることで、確実に点数をとれる問題を落とさなくなるでしょう。

森友
横須賀ゼミナールでは、入塾案内・学習相談・無料体験を随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

神奈川県の学習塾で勤務し、集団授業形式の小学生~中学生の文系科目を主に担当。小学生~高校生の個別指導、教室長として教室運営を経験しました。一人ひとりに目が行き届き、一人ひとりと向き合える教育を実践しています。>>詳しいプロフィールはコチラ