こんにちは。横須賀ゼミナールの森友(@yokosuka_semi)です。

神奈川県の高校受験で志望校に合格するには、「調査書」に書かれる「内申点」を意識する必要があります。これは、公立高校・私立高校のどちらも変わりません。

今回は、横須賀での高校受験を控えた中学生やその保護者の方々に、「内申点」についてご紹介します。

「内申点」について説明できますか?

「内申点を上げないと」

受験ではよく言われますが、そもそも内申点が何かを説明しようと思うと難しいはずです。

「内申点」というのは、「教科の主な活動をまとめた評価」で中学校側が作成するもの。

そして、受験時に提出する「調査書」に記載され、公立高校の入試や推薦入試などの合否判定に用いられます。

といっても、内申点をどのように採用するかは、学校によって様々です。

avatar
森友
中学校1年生からの成績を重視する高校や、受験直前の成績を重視する高校など、色々なんですね。

ところで、内申点というからには、それは「点数」になります。 次に、内申点の出し方も把握しておきましょう。

横須賀市(神奈川県)の「内申点」の算出方法

横須賀(神奈川県)で内申点を出すときは、以下の計算式が用いられます。

横須賀(神奈川県)の「内申点」の出し方

(第2学年の9教科の評定の合計)+(第3学年の9教科の評定の合計)× 2 = A

上記Aの計算結果を、100点満点に換算した数値をaとします。

このaのことを「内申点」と言います。

では、実際に計算してみましょう。

  • 第2学年の9教科の評定の合計が36
  • 第3学年の9教科の評定の合計が42

 36 +(42×2)= 36 + 84 = 120 = A

そしてこの120点(A)を100点満点に換算します(120×135/100)。

※135は理論上の換算内申満点です

よって、a(内申点)は約 89 点ということになります。

公立高校を受験する場合の「内申点」の扱いは?

さて、神奈川県の公立高校では、全日制の課程を「共通選抜」として定員の100%の募集を行っています。

共通選抜について

  • a=「内申点」
  • b≒「学力検査」(当日の試験)
  • c≒「面接」

を共通の検査として実施します。

その他、「特色検査」(各高校の特色に応じて総合的な能力や特性をみる検査)を実施する学校もあります。

全日制の「学力検査」では、国語・数学・理科・社会・外国語(英語)の5教科の試験を行うことが原則となっていますが、「特色検査」がある場合には、3教科まで減らすことがあります。

また、クリエイティブスクールでは「学力検査」は行いません。

「面接」は個人面接を、「特色検査」は実技検査、もしくは自己表現検査を行います。

【選考方法】

具体的にどのように合否が決まるかというと、

・a=「内申点」

・b=「学力検査」の結果の得点を合計し(一部学校では教科による重点化あり)100点満点に換算したもの

・c=「面接」の得点合計を100点満点に換算したもの

・d=「特色検査」の観点ごとの得点合計を100点満点に換算したもの

これらを利用して、合否判定が出されます。

参考:公立高校入学者選抜制度の概要(神奈川県教育委員会)

私立高校を受験する場合の「内申点」の扱いは?

神奈川県では平成25年に公立高校の受験制度が変更されました。

そのため、私立高校の併願を行う生徒が増加しています。

さらに、特色のある入試制度を取り入れている私立高校が増えてきており、書類選考型入試を採用しているケースも珍しくありません。

私立高校の推薦入試はどんな形?

推薦合格を狙いたい場合には、推薦の基準を知ることが大事です。

詳細は5~9教科の「内申点」や欠席日数等で決められていますので、どの時点での内申点や欠席日数などの基準が採用されるのか、説明会などで確認しておきましょう。

私立高校の一般入試はどんな形?

それぞれ学校ごとに詳細が異なるため、入学したい学校について調べてみましょう。

たとえば横須賀学院高等学校の場合、2018年度の一般入試は計4種類の試験が行われました。

「書類選考」「筆記一般」「筆記選抜」「アビリティ」です。

「書類選考」は試験を受けることなく、提出した調査書だけで合否が決定します(このように、私立受験するときでも「内申点」は重要です)。

それに対して「アビリティ」は、調査書の数値を参考にせず、実力だけで合否を決定する形です。

まとめ  「内申点」を上げよう!評価をアップする方法は?

今回ご紹介したように、公立高校受験・私立高校受験ともに、「内申点」が重視されます。しかし、単に定期テストなど試験の点数を上げるだけでは「内申点」は上がりません。

授業態度も評価のうちだからです。

日々の授業を積極的な態度で受講するとともに、提出物を忘れないように心がけましょう。

授業中に発言するだけではなく、ノートをしっかりと取っておくことで、点数が良くなることもあります。

「内申点」を上げるためには、試験の点数を上げるだけではなく、興味・関心を持って授業に臨み、より良い提出物を期限通りに出していくことが大切です。