こんにちは。横須賀ゼミナールの森友(@yokosuka_semi)です。

テスト前に一夜漬け。夏休みの宿題は最終日に泣きながらやる。

できることなら自分の子どもには、このようになって欲しくないものですよね。

毎日少しずつでも勉強する習慣を身につけて欲しいもの。

そこで今回は、勉強する習慣をご家庭で身につけるため、市販ドリルの進め方についてご紹介します。

子どもにあったドリルを選ぶ

1教科1冊に絞る

できれば5教科で1冊、多くても1教科1冊までに絞りましょう。

たくさんのドリルを山積みにされたら、大人でも尻込みしますよね。

全てのドリルをやり切れるかどうかもわかりません。

ドリルが終わった後に新しいドリルをまた買い足せば良いので、まずは1冊から始めてください。

カンタンでページ数の少ないものを選ぶ

子どもが「これなら1冊やりきれそう!」と思える分量とページ数のドリルを選んでください。

あまりに分厚かったり難しい内容だったりすると、子どもはやる気をなくしてしまうかもしれません。

まずは子どものやる気を削がないためにも、カンタンでページ数の少ないドリルを選びましょう。

ドリルの進め方

子どもが絶対に終わらせられる分量が目安

最初のうちは計算問題1問だけでも構いません。

その日のうちに子どもが絶対にできる分量が目安です。

どれだけ考えても分からない・どれだけやっても終わらないと、勉強がイヤになりドリルを見ることすら拒否するかもしれません。

お家で勉強する習慣のない子どもには、まず机に向かってドリルを開くことからはじめましょう。

avatar
森友
勉強しやすい環境づくりも大切です。集中力の高まる環境を作ってあげましょう!

15分間隔で休憩を挟む

人の集中力は15分で途切れると言われています。小中高大と、多くの学校の授業が15分の倍数なのはこのためです。

家庭はどうしても集中力が途切れやすい環境ですので、15分間隔で休憩を挟むようにしてあげてください。

avatar
森友
勉強に集中させたいからといって怒るのは、まったく効果がないのでやめましょう。やる気のおきない日もあります。

終わったら褒める・ごほうびをあげる

勉強の習慣がつくまでは、勉強したらごほうびをあげて気をひくのも良いでしょう。

その際だいじなのは、ごほうびを小ステップごとに区切ること。

例えば、

「ドリルを開いたらジュース1本」

「1問できたらお菓子ひとつ」

「全部解けたらゲーム1時間OK」

このように小ステップでご褒美を準備しておくと、たとえ全て終わらなかったとしてもごほうびがもらえるので、翌日以降も勉強を継続しやすくなります。

avatar
森友
我が家では、その週に勉強した内容の確認テストに合格すると、ご褒美がもらえるシステムです。

どうしてもやらない子は

教科書を読ませる

科目はなんでも良いので、教科書を音読させましょう。

黙読ではほとんど頭に残らないので、音読させる方が良いでしょう。

教科書は

教育の機会均等を実質的に保障し、全国的な教育水準の維持向上を図るため

文部科学省:教科書Q&Aより抜粋

に使用されます。

各教育委員会で選ばれた優秀な参考書ですので、教科書を読ませるだけでも効果が期待できます。

YouTubeの学習動画を流し見る

初期費用が必要ないYouTubeの学習動画の流し見をオススメします。

市販のドリルにYouTube動画の解説が付いているものも多くなりました。

ドリルをやらない子どもにはYouTubeの解説動画を流し見させるだけでも、全くやらないより効果が期待できます。

ゲーム感覚でできる学習ソフトをやらせる

スマホやゲーム機を使って、ゲーム感覚でできる学習ソフトを使ってみましょう。

ハマる子はハマって、勉強時間を制限しなければならないほどに。

ドリルはやらないけどゲームが好きな子どもには、学習ソフトをやらせてみてはいかがでしょうか。

ペナルティを設ける

ごほうびではなくペナルティを設ける方法です。

「ドリル終わるまで外遊びはダメ」「問題が解けるまでゲーム禁止!」このようなペナルティが一般的です。

ペナルティはごほうびと表裏一体ですので、子どもの性格によって言い方を変えましょう。

「ドリルが終わったら外遊び行っていいよ」「問題が解けたらゲーム30分していいよ」どちらでも同じことですが、子どもによって受け取り方が変わりますね。

avatar
森友
ただし、大きなペナルティは逆効果。「ちょっと嫌だな・・・」というぐらいが最適です。

まとめ 差がつかないよう子どものうちに対策を

1日5分たとえ1問であっても、毎日勉強をする習慣のある子どもとそうでない子どもでは、成長するにつれて大きな差が生まれます。

子どものうちに市販のドリルや、そのほかの方法で毎日勉強する習慣をしっかり身につけさせ、子どもの将来に備えましょう。